かてもすの日記

ゲームや旅行の趣味ブログ

MENU

ドラクエライバルズ 星降り杯開幕&花嫁杯感想

 

 

 

こんにちは、かてもすです。

お越しいただきありがとうございます。

 

ドラゴンクエストライバルズにて、

4月1日よりランクマッチの新シーズン

「星降り杯」

が始まりました!

f:id:catemos:20180401144013p:plain

3月下旬にカードの修正があった影響が

本格的に出始めるシーズンでしょう。

 

 

さらにランクマッチにて

レジェンドランクにレーティング制

(レート)が導入されます。

 ↓詳しくは下記リンクへ↓

スクウェア・エニックス BRIDGE | ゲーム・コミュニティ| SQUARE ENIX BRIDGE

 

 

花嫁杯を振り返りしつつ

今期のことを色々書いていきます。

 

 

 

花嫁杯のダイヤモンド帯は激戦

f:id:catemos:20180401144745p:plain

花嫁杯は3月22日にカードの修正がありました。

これによりそれまでトップメタであった

「ドラムトルネコ」「テンポゼシカ」

大幅に弱体化しました。

 

代わりに、

「ランプピサロ」「コントロール(テンポ)ミネア」

「アグロゼシカ」「ミッドレンジアリーナ」

といったデッキが台頭しました。

 

アグロテリーやアグロミネア等、

アグロ系のデッキも多いです。

 

 

修正前はトルネコとゼシカが

傑出して強かったので、

修正後はバランスはとれたと思います。

 

ーーーーーーーーーー

筆者は残念ながら花嫁杯で

レジェンドランクへ到達できませんでした。

ダイヤモンド1の☆3が最高到達点でした。

 

テンポゼシカの弱体化後に

扱いやすいデッキを見つけられませんでした。

修正後(ダイヤ2辺りから)は

アグロゼシカやランプピサロを

主に扱っていました。

しかしテンポゼシカを使っていた頃のような

大型連勝ができませんでした。

 

花嫁杯はランクマッチ1シーズンで

1番多く試合をしたと思います。

 

ダイヤモンド帯のレベルが想像以上に高いうえに

頻繁にレジェンド帯の人と当たるので

ダイヤモンド2以降がすごく大変です。

4月以降はあまりできなくなりそうなので

ダイヤモンド到達を目標にやっていきます。

 

 

 

星降り杯で今の環境は収束

f:id:catemos:20180401150550p:plain

4月は星降り杯です。

わたぼうがスリーブデザインになっています。

これはドラゴンクエストの外伝作品、

『ドラゴンクエストモンスターズ

 テリーのワンダーランド』

を世襲しています。

ライバルズはナンバリング作品以外の

外伝作品からもモンスターを起用しているので

懐古ファンには嬉しい演出ですね。

 

ーーーーーーーーーー

また、次の新パックは5月と明言されています。 

 

4月は今のところカードの修正の予定が

ないみたいなので、

2月の新パック→3月のバランス修正

を経て4月は1か月間カードプールの

変化がない月になりそうです。

 

環境としては3月下旬のピサロが多い

環境のままになるのかどうかが注目です。

 

 

余談:花嫁杯のダイヤモンド1報酬

f:id:catemos:20180401152158p:plain

f:id:catemos:20180401152204p:plain

f:id:catemos:20180401152208p:plain

報酬はスリーブ・アイコンに加え

  • 力の咆哮パックチケット3枚
  • 闘技場チケット1枚
  • ゴールド480G

でした。

レジェンド到達者とどのくらい

報酬に差が出るかが気になります。

 

 

あとがき

いかがでしたか。

ひとまず花嫁杯はお疲れ様でした。

新シーズン 星降り杯も楽しんでやっていきましょう!

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

こちらも是非お読みください!

 


記事にゲーム上に登場する画像を使用させていただいています。
画像引用・権利元:(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.