かてもすの日記

ゲームや旅行の趣味ブログ

ドラゴンクエスト 最初はサントラのレンタルから

 

 

ドラゴンクエスト作品のサウンドトラックについて見ていきます!

今回は私がドラクエ音楽を知ったときのお話をしたいと思います。

 

 

こんにちは、かてもすです。

本日は私がドラクエ音楽を初めて知った時のお話をします。

個人のお話になりますが、読んでいただけると幸いです。

 

 

 

 

 

筆者のドラクエ音楽についての歴史

筆者は現在大学生ですが、ドラクエ音楽のCDに初めて触れたのは中学1年の頃でした。

 

当時はDQ9が発売し、小学校の頃にシリーズ初プレイであったDQ8や外伝のDQMJも含めて、続けてゲームが面白かったことで徐々にドラクエが好きになりました。

 

 

とりわけ当時からDQ8の音楽は印象に残っており、

城のBGM『城の威容/王宮のガヴォット』など、

高揚感あふれワクワクする曲は大好きでした。

ドラクエ全作のBGMを聴いてもトップクラスにお気に入りの曲が多いです。

 

 

他にも、かつてゲームセンターや家電屋で稼働していた『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』を友達とやっていたこともあり、ドラクエの音楽は身近なものでした。

 

ちなみにバトルロードの音源は残念ながらCD化されていないのですが、

PS2版DQ8のような、オーケストラ風のゲーム音源で聴きごたえがあります。

動画サイトなどに載っている場合もあるので是非聴いてみてください!

 

 

 

ウォークマンを買ってもらったことがきっかけに

当時、携帯音楽プレーヤーであるウォークマンを親から譲り受けました。しかし、聴きたい曲があまりなかったので、とりあえずTSUTAYAに行ってCDを見ていました。

 

すると、アニメ系のコーナーの一角にゲームBGMのCDが並べてあり、

そこにドラクエのスペースがあったのです。

ここで筆者は、ドラクエのCDがあるのか と初めて知りました。

 

DQ8のゲーム音源のサントラや、DQ3のオーケストラ音源のサントラなど、種類はあまり多くはありませんでしたがドラクエ音楽のCDが貸し出しが行わていました。

 

 

兄弟からは、ゲームの音楽はゲームで聴けばいいじゃないか と言われました。

確かにそうなのですが、当時陸上部で長距離の練習に勤しんでいたので、自主練習中に走りながら聴ける!と思いレンタルしました。

 

 

そのときはDQ3,6,7,8辺りを一気に借りました。

ウォークマンにドラクエ音楽を入れて、通学時間や自主練での走り込み中に聴いていたのですが、想像以上にハマってずっと聞いていました!

 

それまでクラッシック系やオーケストラなど全く興味がありませんでしたが、ドラクエのオーケストラ音楽はかっこよく、たくさん勇気をもらいました。

 

当時はゲーム本編はDQ8と9のみのプレイでしたが、前述のバトルロードでも一部曲を聴いていました。しかし大半の作品が、ゲームは未プレイで音楽だけ先に聴くという形となりました。

 

DQ3の『勇者の挑戦』やDQ6の『敢然と立ち向かう』

DQ7の『血路を開け』など、

こんなかっこいい曲があるのか!と感動していました。

 

 

 

その後

中学でドラクエ音楽を知り、そしてハマり、

高校2年の頃に初めてオーケストラコンサートを聴きに行きました。

 

ゲーム本編も次々プレイし、今ではⅩ以外全て網羅しました。

タイミングがあればⅩもプレイしたいです!

 

 

そして今度はドラクエの世界観でもある、

西洋の街の雰囲気が好きになりました。

 

こうして現在は、海外旅行を沢山しながら、

ドラクエの音楽を聴いています。

 

 

 

という感じで中学以降ずっとドラクエの音楽を聴いてきて、

もはやゲーム音楽の域を超えて生活に溶け込んでいます。

(もちろん普通のJ‐POPも聴きます。笑)

 

皆さまはどのようにしてドラクエの音楽と触れ合っていますか。

 

長文になってしまいましたが、

お読みになっていただきありがとうございました。