かてもすの日記

ゲームや旅行の趣味ブログ

MENU

アズールレーン クリア感想 良い点と気になる点【アズールレーン】

 

 

こんにちは、かてもすです。

お越しいただきありがとうございます。

 

 

「アズールレーン」AZURLANEをやってます!

現在指揮官レベルが89に達しました。

 

 

先日現時点での最新(最深)海域である13章をクリアしました。

運営が(恐らく)一番難しいと位置付けているコンテンツを勝てたのでひとまずゲームクリアといってもいいと思ってます。

 

3月初旬にアズレンをはじめて約半年でクリアできたのでスマホゲームのボリュームは中々だと思います。これからも最新海域は増え続けていくと思うので一旦のゲームクリアとなりそうですが、ここまで半年プレイしたアズレンの感想を書いていきます。

 

主に良いところと気になる点を分けて書いていきます。

 

大事なことを先に言っておくとゲームとしてめちゃくちゃ楽しいのでとりあえず3章クリアくらいまではお試しでプレイしてみることを強くオススメします! 

  

↓アプリのインストールはこちらまたは動画をクリック!↓

 

 

良かった点はたくさん 

・ガチャシステムの優秀さ

  1. そもそも引ける回数が多い
  2. ピックアップキャラが狙いやすい
  3. 小型建造の利便性

1.ソシャゲといえばガチャですがアズレンのガチャ(=建造)はかなり良心的です。キューブと資金でガチャを引いていくのですが簡単なミッションをこなせば毎日2~4回引ける分はゲットできます。これは温存しておくことも可能ですので、限定キャラが実装されたタイミングで一気にガチャを引けば高確率で目当てのキャラを当てられます。

2.筆者もリセマラ数回でシャングリラという未だ1度しか実装されていない超強力空母を当てました。また現在行われている人気投票で予選ラウンド第2位の長門も当てられました。この2隻は限定キャラで性能も非常に強力で筆者のアズレンクリアに貢献したキャラ1位2位です。他にもボルチモアやアラバマなども簡単に当たりました。限定実装される場合にピックアップされ排出率が上がるキャラは当たりやすいです。

3.またガチャは小型・大型・特化型・期間限定の4種類あります。ミッションの中には建造をすることでキューブと資金が得られるものもあり、これを満たしたいだけなら一番コストの掛からない小型建造を毎日回していくとどんどんキューブが溜まっていきます。

 

 

・超有能なキャラが確定入手可能

  1. ゲーム開始時の御三家(とりわけ綾波は13章でも大エース)
  2. 勲章支援や新兵任務等
  3. 明石は遊び心のある入手法
  4. 開発艦

1.ポケモンのようにゲーム開始時に駆逐艦の3隻から1隻を選んでもらえます。特に綾波は非常に強力な艦船で13章でもイベントの高難易度でも常にエースです。また選ばなかった艦も後から入手することが可能です。

2.被ったり要らない艦を捨てる(退役)すると勲章が貰え、それを用いて特定の艦船やアイテムを引き換えることができます。この引き換え相手の一部がとにかく優秀です。特にエンプラとイラストリアスは入手しづらいSSR正規空母でありびっくりするほど性能が強いです。これら2隻は新兵任務という初心者向けのミッションでも確定入手できます。また期間限定のイベントではポイントを貯めれば必ず何かしらのSSR艦が引き換えられるようにできています。

3.また明石のお願いという長期のミッションをクリアすることで希少性能を持つ明石を入手できます。こちらも超強力で後半の海域では代替不可の性能を発揮できます。このように有能な艦船を確定で入手できるのでプレイヤー間の格差が少ないです。

4.完成まですごく時間を要しますが開発艦という艦船が非常に強力です。建造と育成の方法が特殊で難易度が高いのですが、ゲームを長く遊んでいれば問題なく入手も育成もできます。基本的に開発艦は性能が傑出しており戦力として頼もしいです。

 

 

・ドロップキャラも極めて優秀

同じステージを周回することによって低確率でゲットできる艦船も有能です。育成しつつドロップを狙えるのでこのゲームのゲーム性を担っている部分でもありますが、このドロップキャラも一部非常に強力です。序盤の海域3-4でゲットできる赤城(と加賀)は強力な空母でこのゲームの顔でもあります。よく赤城は加賀と一緒じゃないと使えない的な意見を見るのですが、13章で赤城単品起用でクリアできたので単体でも充分強力です。他にも神通やへレナなども死ぬほど使えます。

 

 

・ガチャ限以外のキャラが主体でクリア可能

筆者の13-4クリアメンバー(潜水艦以外)は「長門赤城明石・綾波改神通改オーロラ、エンプライラストリアスシャングリラ・ネプチューンへレナシリアス」と建造ガチャでしか入手できないキャラが4/12隻です。他のゲームではガチャの特化キャラじゃないと高難易度はクリアできないというパターンが多いので、メンバーの1/3しかガチャ限でなくていいのはほんとに助かります。前述の通りガチャも当たる可能性が高くさらに確定入手できるキャラが多いのでメンバー編成は簡単です。

 

 

・レアリティに関係なく強いキャラは強い

最高レアリティ以外も充分強力です。キャラの強さはスタッツとスキルで決まるので全艦SSR(やPR)出ないといけないということが全くないです。SRのヘレナは全艦の中で最強のスキルを所持しているので最強キャラです(決めつけ)。

 

 

・キャラデザイン

陣営の特徴が活かされたデザイン(日本=重桜は和風、イギリス=ロイヤルは優雅調/メイド)がキャラの描き分けとしてうまく機能しています。キャラ自体もとにかく多く収集も育成も戦闘も全て楽しいです。

 

 

・スキン商法

ガチャで課金はいりませんが、キャラの着せ替え衣装スキンで課金が必要になります。衣装が通常と異なるのはもちろん追加ボイスがあるのも良いです。一部立体2Dのスキンはやや値段が上がる代わりに物凄いです。「大鳳 2D」で今すぐ検索しましょう。また別にスキンへの課金はクリアを目指す上で影響ないので欲しい人だけが課金すればいいという理想的な運営体制です。

 

 

・そこそこ多いダイヤの配布/要人護衛

ゲーム内でダイヤ(有償通貨)を一定数配布してくれるので、前述のスキンをいくつかは無課金でも買えます。他にもメンテナンスのお礼/お詫びでも定期的にくれます。

また要人護衛というレア委託で事実上ダイヤを無料で無限に入手可能です。ただ確率がとても低いのでシリアスが要人相手に夜togi(自重)を頑張ってくれることを願いましょう。

 

 

・期間限定先行実装→常設実装というやり方

新規キャラは期間限定で実装されその後一定期間を得て再度復刻というパターンと、常設建造に混ぜられるという2パターンが主です。

先行実装時はピックアップされているため当てやすいです。逆に常設実装されるときはピックアップで無くなっているので一転狙いではものすごく当てにくくなります。つまり期間限定の先行実装時に先に引く価値が大いにあるということです。この仕様によりこの手のゲームにありがちな後からまとめて引いた方が良いというジレンマを見事に打破しています。

例えば筆者の推しであるシリアスは今年1月に期間限定新規実装されたときはピックアップされていました。それが今年の夏に復刻したときは小型建造に常設入りしたもののピックアップなしです。1月には当てやすかったシリウスですが、今は全然排出されないレアキャラとなっています。そしてレアキャラとしておいてとんでもない(誉め言葉)スキンを実装したのでやはりここの運営は頭が良いです()。

 

 

・メインコンテンツの海域も良い

  1. 概ね適切な難易度
  2. 選べる道中の敵 
  3. タスクキルで再戦可能

1.一見レベルさえ高ければオート操作で突破可能な難易度が多いかと思いきや、12章あたりからはゴリ押しが通用しなくなります。途中の海域からはアクション要素も高くなっていくのでやりごたえがあります。終盤の海域では編成や装備や並び順、陣形や潜水艦などきめ細かく調整しないと勝てないというほどよい難易度です。

2.ボスを目指す上での道中戦は相手を選べます。航空艦隊が嫌なら避けて通ることができます。相手選びは終盤では必須の攻略法です。またレベルを上げたいときはあえて強力な艦隊に挑むというのも手です。

3.ややズルいのですが、戦中に勝敗が確定する前にアプリを落とせば挑む前の状態まで巻き戻せます(コンディションは緩やかに落ちていく)。タスクキルで再戦可能ですので確率で発動するスキルを撃ち直しできます。

 

 

 

とにかくユーザー目線で良いなという機能がふんだんにあります。特にガチャ関連は他のゲームにない課金の不必要さでストレスが全然溜まりません。

13章の難易度にはびっくりしましたがクリアできた時の達成感は大きかったです。お気に入りのキャラを見つけて育てて活躍したときは嬉しいですし、装備替えがハマった時も戦略性の高いゲームだなと感心します。

 

 

 

気になる点も少なからずある

・限定キャラの復刻の遅さ

  1. 大鳳長門雪風天城エセックス等の人気キャラ
  2. それによるサーバー間の格差
  3. UR艦に改造するためのアイテムも復刻が遅い

1.アズレンはガチャの仕様自体は良いのですが、限定キャラの復刻が非常に遅いです。例えばモンストだと限定の強力キャラは月1で必ず復刻しますが、アズレンの場合は半年以上、長ければ1年ちょい待たされます。雪風とかいつになったら復刻するんですか。もうじき2周年イベントが来ますが、人気投票予選1位の大鳳が年1実装だと不満に思う人は多いのではないでしょうか。

2.アズレンはサーバーで人口が区切られているのですが、後発でできたサーバーには未実装なキャラが多いです。

3.UR艦という現時点で2種しかいない強力な艦船へと改造するためには、限定のアイテムが必要となります。このアイテムも復刻が非常に遅いです。しかも入手に課金が必要ではなかったためなぜ復刻をためらっているのかが謎です。とりわけこのUR艦の2隻は最新海域である13章で大活躍するので、持っている人とそうでない人での格差が大きいです。

 

 

・小型建造限定SRの狙いにくさ

小型建造は1度のコストが安いので当たりが出にくいのは仕方ないのですが、特定のSRキャラが尋常じゃなく出にくいです。シリアスの常設入りの時に嫌と言うほど小型建造を引き今でもミッション達成のために毎日のように引いていますが、未だにイーシェンが出ません()。といっても簡単にキャラが揃ってしまうのもつまらないのでこの仕様も全てが悪いわけではないです。

またこの問題点を解消するために排出確率を上げられるキャラを選べるピックアップガチャが一瞬実装されました。この時狙っていた潜水艦のキャラを当てられたので、当ガチャの定期的な実施に期待です。

 

 

・新規入手キャラの育成の難易度

レベル100まで上げるのはそこそこ環境が整っているので楽ですが、110~120の間でレベルを上げるのが非常に困難です。12章13章は120レベル近くないとお話にならないので、後から入手したキャラを育成して最新コンテンツに起用するためにはかなりの労力を要します。

 

 

・汎用パーツの不足

装備を強化するためにはパーツTが必要ですが、汎用パーツT3だけ異常に足りなくなります。設備が1隻につき2個以上必要なのが原因なのですが、露骨に足りなくなるのはしんどいです。

 

 

・潜水艦の育成環境/装備の入手難易度

潜水艦はアプリの配信からしばらくして追加された要素ですが育成環境が不十分です。仕様上戦闘に参加させづらく経験値が得にくいです。宿舎と委託と授業を用いればなんとかLv100までは上げられますが以降がきついです。

潜水艦は一般の艦船とは違う立ち位置であり、現状は「いたら助かる」という存在です。そのため育成難易度は高いが育てる価値があるという現在の仕様のままでも良いかもしれません。ですが今後の海域で潜水艦の重要性が増したら育成環境も見直してほしいです。

同様に潜水艦限定の装備品も入手難易度が高いです。装備箱が無いに等しいため有用なものは設計図を集めなければなりません。つい最近では通商破壊という週に2回挑戦できるミッションができて多少設計図を集めやすくなりましたが、もう少し狙った魚雷の設計図が集められるようにしてほしいです。

 

 

・13-4の難易度

ラスボス的な立ち位置として考えるならこれくらいの難易度でも良いかと思いますが、前述のようにUR艦がいるか否かで難易度が大きく変わるのは意地悪です。逆に言えば13-4以外の海域全ては大体どんなキャラでも突破できそうなくらいキャラゲー感がないのは評価点です。

また13-3は明確な突破法があるのでそういう抜け道を用意してくれる運営には高評価です。↓↓

 

 

・重巡洋艦の不遇さ

あえて起用する意義が少なく感じます。海域やイベントのハードモードでは一部で必須になりますが、性能的な意味では一部を除いて軽巡洋艦の下位互換が多いのが残念です。

 

 

・空母偏重

史実でもそうなので仕方ありませんが、主力艦船の中では航空母艦が飛びぬけて強力です。その割にはSSR空母だけ入手難易度が高い気がします。しかし3-4を周回することで強力なSSR空母2隻が仲間になるので救済策もないわけではありません(なお泥率)。

 

 

・一部のドロップキャラの泥率

加賀ァ!

 

 

一応気になる点も上げましたがこれらは「強いて言えば」というものが大半です。和ゲーにありがちなUIでの不満点がほぼないのでストレスが少ないのは非常に嬉しいです。

限定キャラも限定としての価値を高めるためにはある程度の復刻の遅さは仕方ない気がします。ただ後発のユーザーとしてはもう少し改善してほしいというのが正直な意見です。

 

非常に楽しいゲームなので、今後も色んな艦船を揃えて育てて楽しんでいきます。

 

 

 

あとがき

f:id:catemos:20190616144106p:plain

 

 

また随時アズレンを攻略して考察記事を書いていきます!

お読みいただきありがとうございました。

 

 

アプリのインストールはここをタップ!

 

 

 ↓過去回はこちら!↓

 

 

↓他ゲームになりますがこちらも是非お読みください!↓

 

記事にゲーム上に登場する画像・動画を使用させていただいています。
画像引用・権利元:

© 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.

© 2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.