かてもすの日記

ゲームや旅行の趣味ブログ

MENU

悲報 テンポゼシカ終了のお知らせ…(ナーフ感想)【ドラクエライバルズ】

 

 

 

こんにちは、かてもすです。

お越しいただきありがとうございます。

 

f:id:catemos:20180321020001p:plain

ドラゴンクエストライバルズにて、

3/20にカード能力調整の詳細が発表されました。

下方修正(ナーフ)が

 

  • いたずらもぐら
  • キャットバット
  • ようじゅつし
  • 早詠みの杖
  • たたかいのドラム
  • はがねのそろばん

上方修正が、

 

  • クリフト
  • セーニャ
  • 武術:飛びげり

 

となっています。

 

 

 ↓詳細はこちら!↓

一部カードのバランス調整について

 

 

筆者が12月から愛用していた

テンポゼシカ

大幅に弱体化されてしまいました。

個人的な感想を色々書いていきます。

 

 

 

ようじゅつしからの早詠みがMP7に

ようじゅつしのMPが6、

早詠みの杖のMPが1

(効果による次特技MP軽減は3に)

となったことで、

テンポゼシカの強力ムーブである

5ターン目の

ようじゅつし召喚

→早詠みの杖

イオorメラミ

が不可能になってしまいました。

 

それだけではなく、

8ターン目の

バラモス召喚 

→早詠みの杖

→イオ

も不可能になってしまいました。

 

ーーーーーーーーーー

テンポゼシカはあまりにも強すぎたので

何かしらの下方修正は覚悟していました。

既存のようじゅつしを軸とした戦術は

限りなく厳しくなったといえます。

 

新カードのウインドマージを

みならいあくまやげんじゅつし、

きとうしと合わせて呪文を連発する

戦術に切り替えることが検討されますが、

従来の力は取り戻せないでしょう。

 

 

 

改めて環境を予想

テンポゼシカの他に、

新環境にて猛威を振るっていた

ドラムトルネコ(ミッドレンジトルネコ)

アグロゼシカも弱体化しました。

 

ただし、トルネコに関しては、

ドラムは元々中盤~終盤の

決定力を増やすカードなので、

MPの増加はあまり痛手ではないと考えます。

はがねのそろばんは流石に

テリーのアイデンティティを奪っていたので

重めの弱体化でした。

トルネコに関して言えば、

1番の対抗馬であるテンポゼシカが

大幅に弱体化されたことで

むしろ相対的に強化されたのでは

ないでしょうか?

筆者は今期ほぼテンポゼシカのみ

使っていたのでわかりませんが、

明確にトルネコに有利なデッキはあるのでしょうか。

 

また、ここにきて

ランプピサロアグロテリーといった

デッキが復権する可能性は高そうです。

 

テンポゼシカを苦手としていた

コントロールアリーナ

コントロールミネアなども増えそうです。

 

そしてゼシカは、

氷塊ゼシカとして一定数生き残るのでは

ないでしょうか?

応援やイオナズンを軸にした

ゼシカも開発されそうです。

 

ーーーーーーーーーー

色々考えると、

中々良いバランス調整なのでは

ないでしょうか?

 

特に、上方修正は

使用率の低いククール・アリーナ

専用カードのみでした。

リーダー格差の是正を試みようとしている

意図は十分に窺えます。

 

テンポゼシカという最高に楽しいデッキが

弱体化されてしまうのは残念ですが、

これを機に色々新しいカードに触れられるので

その楽しみもあります。

次環境でなんのデッキを使おうか

色々試して考えたいです。

 

 

 あとがき

いかがでしたか。

また修正完了後に感想を述べたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

こちらも是非お読みください!

  

 

記事にゲーム上に登場する画像を使用させていただいています。
画像引用・権利元:(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.