かてもすの日記

ゲームや旅行の趣味ブログ

【旅行】ヴェネチア トロンケット~リュブリャナのバス

 

 

こんにちは、かてもすです。

何回かにわたって旅行記を書いています! 

 

今回は 2017 10/26 の分の内容の補足で、

ヴェネチア~リュブリャナ間の

バス移動について書いていきます。

 

 

前回・前々回はこちら!

【旅行】イタリア・スロベニア旅行 その2 - かてもすの日記

【旅行】イタリア・スロベニア旅行 その1 - かてもすの日記

 

 

 

ヴェネチア トロンケット(Tronchetto)

f:id:catemos:20171105171746j:plain

f:id:catemos:20171105172354j:plain

トロンケットとはヴェネチア本島の外れにあるバスターミナルの島です。

ここでリュブリャナ行きのバスに乗ります!

 

ここではバス以外に、

フェリー・水上バス・モノレールも乗れーるようです。笑

 

 

筆者は水上バスの1日券を紛失するという悲劇により

ヴェネチア本島からトロンケットまで20分弱歩きました。。

 

筆者以外に本島からトロンケットまで

徒歩で向かっている人は皆無でしたので

水上バスでの移動をおすすめします。

 

 

バスの外観に注意f:id:catemos:20171105172737j:plain

↑筆者が乗ったバスです。

FLIXBUS(フリックスバス)で予約したのですが、

バスの外観がフリックスバスではありませんでした。

 

フリックスバスの詳細はこちら!

 

確かに、バスのフロントガラスにある緑の行先リストには

Ljubljana と書いています。

最終的にはVIENNA ERDBERG(ウィーン郊外のバスターミナル)

まで行くようです。

 

f:id:catemos:20171105173735j:plain

↑これが普通のフリックスバスの外観です。

筆者はこの外観のバスが

リュブリャナに行くと思っていました。

 

行先がフロントガラスにしか書いておらず、

かつアナウンスなどもありません。

 

筆者はバスターミナルで待っていたら

偶然赤いバスの運転手にどこに行くか聞かれました。

この赤いバスがリュブリャナ行きだよ

と言われたときは思わず疑いました。

 

ちなみに、

赤いバスではWi-Fiは使えませんでした。

普段の緑色のフリックスバスはWi-Fiが使えます。

 

 

 

バスは約4時間 途中駅 トリエステ

ヴェネチアを10:40に出て、

14:35にリュブリャナ到着予定です。

値段は約40ユーロ(約5000円)です。

 

f:id:catemos:20171105200007j:plain

f:id:catemos:20171105200048j:plain

途中、トリエステという都市に停車しました。

 

大変景色の良い傾斜地帯の港町でした!

いつか行って見たいです。

 

しかし、バスの右側座席に座っていたため

中々良い写真が撮れませんでした。。

ヴェネチア~リュブリャナ間は、

左側の窓側の座席に座ることをおすすめします。

 

トリエステ - Google 検索

 

ちなみにトリエステではかなり乗客が増えました。

それまで4割ほどだった乗客が、

ほぼ満席になるまで乗ってきました。

 

 

スロベニアの風景が素晴らしい!

トリエステ~スロベニア間はパスポートチェックが無く

いつの間に道路の表記がスロベニア語に変わっていました。

こういう変化は日本では見られないので面白いです!

f:id:catemos:20171105201212j:plain

 

イタリアの高速道路沿いは畑ばかりでしたが、

スロベニアの高速道路からは

小さくかわいい村がいくつも見えました!

すごくドラクエっぽかったです。

 

f:id:catemos:20171105201252j:plain

こちらも左側の方が景観が素晴らしいです。

 

 

リュブリャナ到着

f:id:catemos:20171105202417j:plain

スロベニアの首都 リュブリャナに

ほぼ時間通り到着しました。

鉄道の駅の前に降ろしてくれます。

 

リュブリャナ駅の目の前に

バスターミナルがあるため利便性が高いです。

駅のマクドナルドでWi-Fiが使えました。

 

 

あとがき

ここのバス路線は

インターネット上に情報が非常に少ないため

細かく記事にしました。

参考にしていただければ幸いです。

 

もしこの路線でわからないことがあれば

遠慮なく質問してください。

 

 

続き リュブリャナ到着後は

また随時書いていきます。