かてもすの日記

ゲームや旅行の趣味ブログ

ドラゴンクエスト11 コンサート感想

 

 

ドラゴンクエスト11のコンサートの感想です!

またドラクエ11BGMの曲名が判明しました!

 

 

こんにちは。かてもすと申します。

2017年8月9日に池袋で行われたドラクエ11のコンサート、

第31回ファミリークラシックコンサート ~ドラゴンクエストの世界~
交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

に行ってきました!

 

非常に素晴らしい演奏に心打たれました!

 

また、DQ11の作中の曲名を判明したのでそちらも記載したいと思います。

 

以下詳細と感想になります。

(ストーリーのネタバレを含みます)

 

 

 

 

 

・プログラム

まずプログラムについてです。

入場時に配られたプログラムにて、DQ11作中の曲の名称が判明しました。

以下の通りです。

 

プログラム

  • 序曲Ⅺ
  • 冒険のはじまり~勇者は征く
  • にぎわいの街並~穏やかな村の夜~穏やかな村~にぎわいの街並
  • 勇者の凱旋~山奥の隠れ里~勇者出撃
  • 荘厳なる王宮
  • オーレ!シルビア!
  • 天空魔城
  • 暗黒の魔手~破壊を望みし者
  • 空飛ぶ鯨
  • ひるまぬ勇気~レースバトル~果てしなき死闘

(休憩 20分)

  • 未知なる洞窟~神秘へのいざない
  • 騎士道を我が胸に
  • 愛のこもれび
  • 魔法使いロウ~時の祭壇~神話の里
  • 窮地を駆ける~希望はいずこへ~黄昏の荒野
  • 暗闇の回廊
  • 生死を賭けて
  • 英雄たちの帰郷

アンコール曲

  • 過ぎ去りし時を求めて(*プログラムには記載無し)

 

 

曲名に関しては紹介が難しいのですが、

説明できる範囲で記載します。

  • 勇者は征く:通常フィールド曲
  • 山奥の隠れ里:キャンプ時の曲
  • ひるまぬ勇気:通常戦闘曲
  • 果てしなき死闘:中ボス戦闘曲
  • 生死を賭けて:ラスボス戦闘曲
  • 愛のこもれび:セーニャの竪琴の曲
  • 魔法使いロウ:あらすじの曲
  • 英雄たちの帰郷:1回目エンディング曲

*上記以外で曲の詳細を知りたい方いらっしゃいましたら遠慮なくコメント欄にてお尋ねください。

 

 

アンコール曲「過ぎ去りし時を求めて」は、

DQ11の裏エンディングで流れた曲でした。

内容はDQ1~3の曲の一部をつなぎ合わせたもので、

そして伝説へ~広野を行く~果てしなき世界~おおぞらをとぶ~この道わが旅~そして伝説へ

という非常に豪華なものになっています。

 

 

 

・感想

筆者は当コンサートシリーズには今回で4回目の参加となりましたが、

今年も東京都交響楽団の非常に素晴らしい演奏に感動しました!

特にDQ11コンサートの本邦初演でしたので、新鮮な気持ちでDQ11BGMのオーケストラ版を聴くことができました!非常に満足しています。

 

なお、DQ11には「ジパング」「王宮のトランペット」「対話」など過去作の曲も使われていますが、演奏されませんでした。しかし、アンコール曲が歴代の名曲の詰め合わせと非常に豪華なものとなっていたので大大大満足です!

 

 

特に素晴らしかった曲を紹介したいと思います。

まず「ひるまぬ勇気」がかっこよかったです。

通常戦闘曲ですが、一周がかなり長く飽きづらい曲で聞いていて楽しかったです。特に後半の部分は戦闘が長引かないと聞く機会が少ないので、迫力ある演奏で聞けて良かったです。

ドラクエの戦闘曲はオーケストラでとても映えるので素晴らしいです。

 

次に「愛のこもれび」がとても美しかったです。

前半はハープ+αのみという形で演奏が進められ、後半は全体で盛大な演奏という形でした。前半部分ではメインとなるハープとバイオリンのソロ、そして指揮者すぎやまこういちさんの三人のみが手を動かしており、視線を集めるという光景は見ごたえありました。

命の大樹もそうですが、特にベロニカの葬式の晩にセーニャが奏でたシーンがよみがえり思わず泣きそうになりました。。

 

そしてやはり「過ぎ去りし時を求めて」が最高でした!

名曲だらけのメドレーですが、特に「果てしなき世界」は筆者が大好きなので今回生で聴けて大変うれしかったです。演奏もエンディング曲の部分は大迫力で素晴らしかったです。周りで感極まって泣かれている方もいましたが、それも納得できる内容でした。

裏エンディングでセニカがローシュに会いに行ったシーン、そしてDQ3をクリアしたときの達成感がよみがえる素晴らしい締めの曲だったと思います!

 

 

 

・すぎやま先生のお話

恒例となっている、演奏間に行われるすぎやまこういちさんのお話もおもしろかったです。自身をレベル86と自己紹介し拍手が送られたり、過去曲が使われている街は堀井雄二さんの意図が隠されているなど様々なお話をしてくださいました。

中でも、

「まさかDQ11をあがった(クリアした)人いないよね!?」

と仰り、その後私も含め数十名の方が手を挙げて大変驚かれていたすぎやま先生は、

「私は1日24時間だけど、クリアした人は1日50時間ぐらいあるんじゃないの??」と笑いを誘いました。

 

高齢になっても素晴らしいお方です!

ずっと元気にコンサートを、そして作曲を続けていただきたいです。

また、ゲーム作曲の最年長記録が更新されたこともお話くださいました。

 

 

 

 

 

・あとがき

非常に充実した内容でますますドラクエが好きになりました!

最後までお読みになっていただきありがとうございました。

 

f:id:catemos:20170810005007j:plain

 

 *8/13追記 こちらも是非お読みください!

catemos.hatenablog.com